年齢って…

お気軽な会話として、色々な意見を聴きたくて、質問があります:

何故、年齢を知る、又は知られる必要があると思う?

因に、俺が思うのは、年齢を知る、又は知られる事を必要とするのは6〜7歳まで。 最適な歳に勉強や教育が始まる事が必要だと思うから 6〜7歳になったら皆、学校に入るべき。 それ以降、年齢と関係なく人間が自力で大人や職人等に自然になって行くから、年齢は関係なくなる。

他の記載のやまびこに聞こえるかも知れないが、年齢に異なる権利の話(例:成人、お酒、タバコ、性交等)は政府や宗教によって無理矢理に作られた制限だから、客観的に価値はゼロ。 権利を与えられるんじゃなくて、自力で得るべきだと思ってるから「年齢によって持っても良い権利」と言う話は非常に間違ってると思う。

とにかく偏見を持たず、色々な人の経験によって俺の考え方も磨いてみたいので、論理的でも主観的でも関係なく 是非、意見を分かち合って下さい。

6件の書込みがあります

  1. あははっ!!と、つい笑ってしまって失礼・・・。
    でも、ダリの言ってることは、とても共感できるね♪

    権利や制限・・・これがなくては収拾がつかないって勝手に思った先祖や政治家が作った国家における秩序!?
    でも、自分自身を大切に、人を大切に思っていれば、特に必要のないものだよね・・・。

    はっきり言って、捨て台詞みたいだけど、やるヤツはやる!!何も考えないで生きてきたヤツとか、ルールがないと生きられない自分が無いヤツには必要なんだろうだろうけど・・・。

  2. ある一定の枠で限られた中では、年齢も一つの判断基準になるかもしれませんが、これは極々一部の場面や、管理側の視点の事だと思います。
    (例としては、クレジットカードの利用限度額なんかを判断する関係の仕事をしてた事がありますが、その中では“年齢”はその人の信用を判断する一つの大きな材料になっていました)

    平等性や客観性を保てるのであれば、様々な免許なんかは年齢を除外した試験だけで良いかなと。(その代わり場合によっては現行よりもより厳しい試験になると思いますが)

    >>自力で得るべき
    かなり同意です。
    が、自主性のない人がそれを得るには非常に厳しいですね。勿論自業自得ですが。
    年齢による制限や権利はそんな人たちにとっては一つの救済措置的なものなのかなと。
    ただ、“権利”の救済措置ではなく、“自主性を持つ・考えるきっかけ”の救済措置であるべきだと思います。

    権利などの問題以外でも、日本では異常なまでに先輩・後輩関係を重んじる場面がありますね。年齢が一つでも下の人だとため口されて怒る人とか、卒業した学校が同じだと年がいくつ離れていても後輩と呼んだりと・・・年功序列の名残ですかね、こういうのも。

    友人関係の中でいうなら、年齢は一つの話題の材料になるくらいで、それ以上でもそれ以下でも無いです。僕の場合は。

  3. 長々と書き込みしてさらに追記ですが・・・

    >>年齢は一つの話題の材料になるくらいで〜
    とはいっても「若いわりにどうの〜〜」「もういくつになるのにどうの〜〜」的な、年齢をひとつの判断基準にした、決めつけの話題をする人にはある種の嫌悪感を抱きます。

  4. 参加、有り難う!

    @ Sota:
    確かに、制限が全く存在しないと困る人が多い… 俺も含めて、全く制限は存在しない社会は考えられない。 地獄かも…

    先祖の話で言えば、今みたいに制限は多くなかったし、年齢を知らなかった人も沢山でしょう… 現在も、ジャングルに住んでる部族の人達も確実な年齢は知らないと思う。 しかし、どっちも困ったり、全滅したりはしてない… 自力で狩りや戦争に参加出来る様になったら「大人」。 その時、自分の家族も作れたり、他の大人とお酒飲めたりする事が出来るでしょう…

    ある意味、「年齢」って「生まれてから経った年月」じゃなくて、「ある事が出来る様になった時点」とかじゃないかな〜?

    笑っても良いよ(笑)
    凄く真面目な話でもないし、お気軽な会話が欲しいから 笑いはようこうそ!

    ———

    @ Nogu:

    社会によって、年齢の「重要さ」や「意味」は勿論、異なると思う。
    例えば、俺は来日して10年ちょっと。 この10年間、「歳はいくつ?」って聞かれた回数は、ルーマニアに居た23年間で年齢について聞かれた回数の3〜4倍ぐらいだと思う。

    血液型も(笑)

    逆に 年齢についての冗談が「無礼」になってしまう場合は、むこうの方が多かった。
    自分より大体2〜3年上だと思ったら、絶対に歳を聞かないとか… 女の子にね(笑)

  5. 年齢もそうだけど、暦もそうだよね。
    自然の流れを外から規定するために人為的に作られたものだよね。
    世界中で通用している西暦(グレゴリウス暦)は、キリストの生まれた年を基準に計算されている。
    しかも、かなり近年、16世紀末あたりに制定されたものだ。自然の流れを人間が自然に感じることができるなら、特別必要ないかもね〜
    逆に悪魔の暦ってあるのかな?

  6. 時間を計ったり、記録したりする道具があると役に立つかも…

    暦はその一つの道具だからその存在自体の意味は分かるけど、確かに勝手な物だね。 今年は、グレゴリアン暦によって2007になったり、日本の暦によって19、フリーメーソン暦によって6007になったりするから、結構 適当だね(笑)

    記録をするには、必要な物かも知れないけど現在の暦がボロボロ過ぎる…           

    ———

    @ オドラデク:

    »» しかも、かなり近年、16世紀末あたりに制定されたものだ
    1752年です。 その年の9月は19日間だけ(キリスト教の計算が会わなかったから3日〜13日は全部消された)。

    	日 月 火 水 木 金 土
    	       1  2 14 15 16
    	17 18 19 20 21 22 23
    	24 25 26 27 28 29 30
    

    »» 逆に悪魔の暦ってあるのかな?
    あるよ。
    原点は(グレゴリアン暦で言えば)1973年6月8日… つまり、今年は34年です :D