知ると楽・その6 – ユーザースタイルシート

以前、MixiやTwitterのウザい広告や要らない提案について少し罵言を吐いたりしながら、それらを非表示するSafari用の簡単な機能拡張を紹介しましたが、やっぱりAppleの物が要らない人はそのブラウザーも使わないと思って、他のブラウザーでも同じ事が出来る方法を教えましょう。

少し手が込んだやり方に見えるかも知れないけど、実は非常に簡単だから、興味がある人は読んでみて下さい。

因に、FirefoxとOpera用の方法です。 GoogleのChromeとMicro$oftのInternet Explorerは、個人的に非常に危険な物だと確信してるので、お勧めも出来ないし、正直言ってあまり興味ないので今回は見送り。

方式

各ブラウザーの「ユーザースタイルシート」と言う機能を使用して、それぞれの要らない項目を非表示します。

まずは、スタイルシート自体。 下記のコードをコピー & ペーストで テキスト編集用のプログラムで作った新規テキストファイルに移して、userContent.cssと言う名で保存しましょう。

/* 初期設定のTwitter用 */
    #recommended_users,                     /* 「おすすめユーザー」 */
    #tt_menu,                               /* 「トレンド」 */
    #change_location,                       /* 「トレンド」 */
    ul[class~="trends-links"],              /* 「トレンド」 */
    p[class~="promotion"],                  /* アプリ */
    div#side hr,                            /* 境界線 */

/* 新しいTwitter */
    div.trends-inner,                       /* 「トレンド」 */
    div[class~="user-rec-inner"],           /* 「おすすめユーザー」 */
    p.promo,                                /* アプリ */
    hr.component-spacer,                    /* 境界線 */

/* 日本語版のTwitter */
    div[id*="ad_block"],                    /* 日本語版専用広告 */


/* Mixi */
    div.adBanner,                           /* ページ上部の広告 */
    div#adBanner,                           /* サイドバーの広告 */
    div#contentMatch,                       /* Google広告 */
    div#prContentsArea,                     /* 「PR」文 */
    div#collaboPr,                          /* 「PR」文 */
    img[src*="img.ads.mixi.jp"],            /* img.ads.mixi.jpからの画像 */
    a[href*="loginjack_redirector"],        /* ログインページの広告 */
    img[src*="img/banner"]                  /* ログインページの広告 */

        {display:none !important;}

ここから、ブラウザーによって少し違いますので、下記に説明します:

Firefox
Mac:ホームフォルダーの中の「ライブラリー」フォルダーの中の「Application Support」フォルダーの中の「Firefox」フォルダーに入って、どっかに「Profiles」と言うフォルダーがあります。 その中に「chrome」と言うフォルダーがありますので、そこに先程作ったuserContent.cssファイルを移して下さい。
Windows:「Application Data」フォルダーの中に「Firefox」フォルダーを見付けて、その中の「Profiles」フォルダーのどっかに「chrome」と言うフォルダーがあります。 そこに先程作ったuserContent.cssファイルを移して下さい。
そうしたら、Firefoxを起動すると自動的にスタイルシートが適用されますので、これ以外の設定等は必要ないです。
Opera
ブラウザーの「Opera」メニューから「設定」に入って、「詳細設定」タブに行きます。 「スタイルオップション」ボタンから「表示設定」サブメニューを開いて、「ユーザースタイルシート」欄に先程作ったuserContent.cssファイルを選択し、「OK」をクリックします。 「詳細設定」ウインドウの「OK」ボタンもクリックして、完了。
その後、Operaを終了して、もう一回起動すると自動的にスタイルシートが適用されますので、これ以外の設定等は必要ないです。

簡単でしょう?

効果

Mixi
ログインページのバナー広告を非表示する。
ページのトップのバナー広告、サイドバーの広告と「PR」文を非表示する。
Twitter
サイドバーの日本語版専用広告、「トレンド」、「おすすめユーザー」、外部サービスやアプリを非表示する。

* 万が一、他サイトのコードとかぶって、mixi.jpとtwitter.com以外のページが乱されてしまう場合、知らせて下さい

今の所、書込み無し。 是非、意見を…